症例報告 vol.15

こんばんは、歯科医師の安藤です。

【A様・40代男性】

先日インプラントの埋入をしました。

こちらの患者様は前医より引き継いだ方です。

右下(図だと左下)の歯の神経の部分が虫歯により細菌感染を起こし、それにより歯を支える骨が溶けてしまった状態となり、歯の保存が不可能と判断し抜歯を致しました。


医師としての提案で、入れ歯にするか、ブリッジにするか、インプラントにするかをお話をしました。

入れ歯はお手入れの不便さ、ブリッジは前後の歯の負担のリスクが高まってしまうということもあり、

患者様の最終判断により周りの歯を傷めないインプラントに決まりました。

埋入後、翌日の消毒では痛みもなく不自由がないということで、安心しました。

3ヶ月後、型とりをし被せ物を作製予定となっています。


Comments are closed.