こんにちは 院長の藤田です。

いよいよ梅雨が始まってじめじめしてきましたが、体調皆様崩さないようお気をつけください。先月のことですが、ある方の講演を聴きに行ったことを今回はご報告したいと思います。

皆様は「植松 努」という方をご存知でしょうか?

小説の「下町ロケット」のモデルになっているのでは?といわれても居る方です。

作者の方は否定されているそうですが、まさに「リアル下町ロケット」を体現されています。

               ↓↓↓  この方です

        senmjprof

講演は非常に面白く、色々考えさせられるものでした。

   DSC_2459DSC_2463

・大人は「子供たちに夢を与えなければならない」と言いながら、一方で「どうせ無理」という言葉で夢を打ち砕いているというのが現実である。

・その悪循環をなくすためには、無理と思われることにチャレンジして成功すればいい!

・『あきらめる』は、後天的な教育によって与えられる能力 

・嫌な人とは距離を置くのも大切ですが、信じてくれる人と出会うチャンスを得るためには、たくさんの人と関わって、関わり方を学んだほうが良い。

などなど、自分生き方・考え方・子供に対しての接し方本当に色々な気づきや感動を与えてくれる講演でした。

著書も出されているので、お子様をお持ちの方は是非読んでみてください!!

色々考えさせられること間違いなしです!

 

 

↓↓↓ 東京からの帰り道、テンション高めでの新幹線にての一人晩酌(笑)DSC_2469

 

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

最近のコメント